• 面接ご予約フォーム
  • 無料相談フォーム
HOME > 労働問題

労働問題

労働問題

労働に関する問題は、何より早い段階での対応が大切です。
専門家へいち早くご連絡ください!
弁護士が直接相談をいたしますので、事前に電話でご予約をお取りください。電話での相談はお受けしておりません。
夜間や土日休日の相談も可能です。

電話受付時間午前9時30分から12時30分、午後1時30分から5時30分まで電話番号は、03-5967-0039です。

残業代請求解決のポイント

1.残業代は、能力の優劣に関係なく支払われるべきものです。
2.残業代の支払いが免除される場合は、特殊なケースに限られます。
3.残業代請求では、客観的証拠の存在が重要となります。
4.早く相談しましょう。

※残業代は、2年で時効です。早い段階での相談が大切です。

残業した事実を証明できる証拠があり、残業代の金額算定がかなりの確実度でできるならば、
会社財産の差押えをいきなりできる場合もあります。

不当解雇解決のポイント

1.解雇通知を確保しましょう
2.解雇理由書を請求しましょう
3.解雇を認めるような言動は控えましょう


解雇の理由を書面に記載してもらい、解雇に納得できないのであればできるだけ早めに何らかのアクションを起こす必要があります。
場合によっては仮処分や労働審判の申立ても視野に入れましょう。

セクハラ解決のポイント

1.加害者がどのような人物なのか。
2.会社と加害者がどのような関係にあるのか。
3.被害者に対して、加害者がどのような行為を行ったのか。


内容によって強制わいせつ罪にあたる場合も多くあり、
加害者が早い段階で和解交渉を望む場合がほとんどです。
さらに、労働審判を申し立てるとこもなく、事件が解決することが多くなります

お問い合わせ
無料相談フォーム 面談ご予約フォーム

大きな地図で見る

〒175-0093
東京都板橋区赤塚新町2-14-2
ストーク新町205号室

03-5967-0039

電話受付時間
9:30~12:30/13:30~17:30

お問い合わせ 詳しくはこちら